あれか、これか ◎

自分を基準にして、

 

「これだけでは、たりない」

「これくらいは、できるはず」

「もっと、できるはず」

 

相手に、あれも、これも、それも、どれもを

やらせようとしてしまう。

 

結局、何もできずに、時間がすぎる。イライラがつのる。

その結果、望む結果は得られない。目標は達成しない。

 

では、どうすればよいか?

あれか、これかにしぼる。それを、

日々、繰返しできる具体的な行動にする。

やった回数を計測する。

 

あれか、これかにすることで、

結果として、あれも、これもを実現できる。

 

人の記憶に極力依存しないことが大切。

 

人の記憶には限りがある。

一度に、3~5個、最大で7+2個と言われている。

しかし、それができるのは、10人中1人か2人。

それ以外は、1個か2個、最大3個。

 

特に、行動を誘発した場合は、

できれば、一度に1個が良い。