なぜ、具体的に伝える習慣が必要なのか

「そこまで言わなくても、わかるはず」
「それぐらい、わかってくれるはず」

このように思ったことは、ほぼ100%、
相手に伝わっていない、
相手にわかってもらえていない。

その結果、望んでいない結果が起こる。


なぜ、このようなことが起こるのか。

経験と知識の量に差がある人へ
伝える場合にこのようなことが起こる。

経験と知識の量が異なると、
言葉の解釈が異なる。

このことに、なかなか気がつかない。

このことを放置しておくと、
人間関係が徐々に悪化していく。


では、どうするか。

・相手が使う言葉を使用する

・相手の行動習慣の範囲内にある物事に関連付ける


小学〇年生には小学〇年生が使う言葉で。

中学〇年生には中学〇年生が使う言葉で。

大学生が小学生に、
大学生が使う言葉で話しても理解できない。

相手は「はい、わかります」と言うことが多い。
この返事に惑わされないこと。
手戻りが発生し、ムダな仕事が増えます。