結果を出せないベテランは、なぜ結果をだせないのか

組織内でベテランと呼ばれる人の中に、

結果が出せない人がいる。

 

彼らの行動と、結果を出している人の行動を

観察し比較する1つ大きな違いがある。

 

だれでも知っている普通の一連の行動をとる際に、

結果を出せていないベテランは、結果を出している人

と比べれ、”動作の数が少ない”。

 

そもそも、一連の行動のやり方を教わっていない。

もしくは、教わったが、何度もやるうちに、

動作を端折ってきた。このいずれかが原因。

 

例えば、お客さん先で、通常の挨拶をしない。

 

通常の挨拶:

普段話をする時の1.5倍から2倍程度の

声の大きさで

「こんにちは、〇〇の〇〇です!」と言う。

 

結果を出せないベテラン:

普段話をする時の声の大きさで「ちわー」。

 

お互いに知っているとわいえ、

基本行動は、おさえる必要がある。

 

では、かれらの行動をどのように変えていくのか。

注意をすればするほど、彼らは望ましい行動を

今以上にしなくなる。

 

この層の行動変容の依頼が増えてきている。