戦略と行動をひもづけるには

日々に具体的にどのような行動をすれば、
評価されるのか、承認されるのか。
その結果、給与は増えるのか。

仕事は時間内の終わり、
自分の時間が確保できるのか。

決められた休日は確保できるのか。

口では、仕事のやりがいが欲しい、
人への貢献がしたい、
自己成長がしたいと言葉を発する。
しかし、本心は口とは異なる。


この動機づけ条件で行動を続ける層は、
組織内に6割から9割。


彼ら彼女達は、日々もしくは週単位で
思考する行動習慣を持つ。

この行動習慣をもつ人に対して、
戦略・計画のような
月単位、四半期単位、年単位の目標、
戦略課題、BSCに基づいた複数の指標を
みせたところで、行動に紐づかない。

戦略・計画をつくる人達は、
組織の中で優秀な人達。

優秀な人達とそうではない人達は、
思考・行動習慣が大きく異なる。

このことを踏まえて、
戦略・計画をつくる必要がある。

例えば、BSCに基づいた複数の指標
であれば、
・1から3つに絞る
もしくは、
・BSCの下から上までつながる指標を
 複線から単線に絞る。


その上で、日々の具体的な行動を
仕方を形式知化し、それ誘発する
刺激をデザインし、強化される刺激を
与え続ける環境をつくる。

目的は、
お客様が必要としているものをつくり、
提供し、売上を立てつつ、利益を増やし、
組織の中により多くの現金を入れるため。