会議の生産性を簡単にあげるには

フリーアドレスにする。

チャットを導入する。

立ち会議用の設備を導入する。など。

 

実際、パワーをかけて実施した施策は、

どれだけ効果を出しているのか。

 

そもそも、

なぜ、会議の生産性はあがらないのか。

 


1人の人の兼務が増えていく。その結果、
報告をする、報告を受ける頻度が増え、
メールと会議の頻度が増加する。

会議の目的が不明瞭なまま、

参加者に入れられる。
会議に参加しても、することがない。

会議のゴールが不明瞭なまま、

会議がはじまる。その結果、

時間内に何も決まらず会議が終わる。

会議中に曖昧な言葉が交わされる。

その結果、お互いの言葉の解釈がズレ、

業務の手戻りが発生する。

知見を持つ有識者の知見が

分散できていない。その結果、

一部の有識者の一日の仕事が
会議のみで終わってしまう。
相談したい有識者は、会議に

拘束されている。相談する機会がない。

そのため、相談したい相手の時間を

会議を理由にブロックする。
ますます、相談がしづらい環境になる。


まず、すぐにできることは、
会議の目的を洗い出して、
2文字から4文字に変換し、
会議告知のヘッダーに入れる。

これなら負担感が少ないため、
行動変容は起こりやすい。