四の五の言わずに、言われた通りやること

「四の五の言わずに、言われた通りやれ」

 

これを言われて10年以上経つと、

この指示の大事さに気が付く。

 

もちろん、理不尽で意味のない物もある。

しかし、その中に、仕事をしていく中で、

大事なマインドを鍛錬するための

行動習慣形成がある。

 

その時点では、マインド形成になるとは、

思っていない。

 

「まずは、言われた通りに素直にやってみる」

これは、大事。理由を聴いたり、自分の

腹に落ちないとやらないでは、この

マインド形成はできない。

 

昨今、

「四の五の言わずに、言われた通りにやれ」

と言えない事業環境にある。

 

この環境下の上司は、

一見、優しく、部下思いで評判は良い。

しかし、そこで育てられた部下は、

10年単位でみると不幸だと

私は考えています。

 

 

しかし、事業環境が原因だけではない。

 

「四の五の言わずに、言われた通りにやれ」

と言い切れる、つまり、こうすれば必ず、

結果がでると言い切れる、経験を持った

管理者が少なくなっているのも事実。

 

「四の五の言わずに、言われた通りにやれ」

「具体的には・・・」

「これでやれば、確実に結果はでる」

「信頼して、やってくれ」

「期待している」

 

と言える経験を、

どのポジションになってもやり続ける必要がある。