泳がせつつ締め、逃げ道を用意してあげる

いろいろな人がいる。

言葉の解釈も人それぞれ違う。

求めているものを違う。

 

口と日々の行動習慣が

異なる人もいる。

 

組織へ損害を与える行動習慣を

持つ人もいる。

 

 

いきなり、信賞必罰に則って、

ダメなものはダメ、現状に問題がある

ことを伝えても、物事は好転しない。

 

相手は自尊心を傷つけられたと思い

反発する。仲間をつくり、外部の

力を借り、組織への損害を大きくする。

     

本人には自分は、がんばっていると

思い込んでいる。人の認知は歪む。

 

やってはいけないこと、

やってはいけないことだと認識していない。

     

では、どのようにアプローチしたら良いか?

 

相手が人前でボロを出すまで、泳がす。

 

そのために、些細なネガティブな行動を

しても、一旦、反応せずに、流す。

そうするうちに、致命的な問題を発生させる。

その事実を掴んだ直後に、以下を実施。

 

ーーーーー

 

〇〇さんの職務/役割は

毎日2件以上の企業を訪問し商談をする

□ 1ヶ月先までの商談のアポを入れる

□ 毎日18時までに仕事を終え日報を提出する

粗利益で500万円(下限値)を毎月つくる

ことです。これらを期待し、信頼し、

仕事を任せている。

  

上記を実施するためのやり方は、

できる人の行動を形式知にした教科書の提供

実際の商談同行。その直後の商談時の

着眼点と話しの仕方の具体的言葉でのレクチャー

毎日朝と夕方の電話での質疑応答

をして具体的に伝えてきています。

〇〇さんに結果を出して欲しいため。

   

しかし、〇〇さんは、〇月〇日()

〇〇の状態になり、職務の遂行が難しくなった。

その直後から、〇〇の業務だけに絞り、

業務量を50%以上下げ、負担を減らし、

心身の健康を取り戻してもらうことに専念して

もらっています。

     

それから〇ヶ月が経過し、業務量を減らし

続けた結果、心身の状態が回復しつつある。

 

そろそろ、期待される職務/役割に

復帰する時期にきています。

 

今後のことをお互いに擦り合わせていく

時期に来ています。お互いのために。

 

今後、どう行動していくかを教えてください。

  

〇〇さんの職務遂行に復帰が難しいようなら、

今後のことを一緒に考えていきます。

ご連絡ください。

 

よろしくお願いします。

     

ーーーーー

  

上記の構成は以下です。

     

【計測できる職務/役割はなにか】

【期待し信頼している」

【職務遂行のために会社は何を提供したか】

【今どのような状態なにか】

【現状、どうなっているか】

【今後、どう考えているか】

【逃げ道】