職務を具体化する理由とやり方

職務/ポジション毎に役割・期待を

誰が見ても同じ解釈ができる具体的な

言葉で示す必要がある。

  • 毎日2件以上の企業を訪問し商談をする
  • 1ヶ月先までの商談のアポを入れる
  • 毎日18時までに仕事を終え日報を提出する
  • 粗利益で500万円を毎月つくる

このようなものが無いと、相手への期待が、

相手に伝わらない。期待の解釈がズレると、

信頼し任せることはできない。

 

期待は計測できるもので伝える。

期待が曖昧だと、相手を信頼し

任せることもできない。

 

期待が曖昧なままで権限を委譲すると、

必ず、致命的な事故が発生する。

 

このように具体化すると、

ここに書かれていないことは、やらない。

と判断する人が出てくる。

 

それで良しとする事業環境になっている。

このように具体化しておかないと、

何か問題が発生した際に、相手は、

自分の非を認めない。

「私は、こんなに、がんばっている」

「認めてくれないことがおかしい」と。

これを防ぐために。

 

また、このように具体化しておかないと、

そもそもの自己研鑽レベルの基本的な能力、

行動習慣が不足し、職務を遂行することが

できない人に対して、

「〇〇をできるようにしてください」と言えない。

 

なぜか。相手は

「それにかかるお金は、経費で落とせますか」

「その時間に、残業代は付くんですか」と

言葉を発することがあるため。