こんなレベルから教える必要がある

やって良いことと、悪いことの
分別がつかない。

例えば、学習塾の大手チェーン。

偏差値が60以上の大学に通う
大学生の講師が、
生徒にプリントを投げる。
生徒のカバンの中をあさる。
生徒の携帯電話のパスコードを変える。
授業に出てこない。
口頭で注意しても改善しない。

などの問題行動を繰り返す。
想像がつかない行動をする。

この先生達は、
悪気があってやってはいない。
やって良いことと、悪いことの分別を
誰からも教えれれてこなかっただけ。

なぜか。

やって良いことと、悪いことを100個の
具体的な行動のA4用紙1枚にまとめ
チェックリスト化。
名前を「プロとしてカッコいい素敵な
行動チェックシート」として、
それを毎週一回チェックさせることで、
大学生の講師の問題行動はなくなった。


聴覚への刺激よりも、
視覚への構造化された刺激が効果がある。

人の記憶に頼るよりも、
記憶に頼らない方が効果がある。

複数ページよりも
1
枚ものの方が効果がある。


この例は特殊なことではないです。

このような大学生が就活し、
皆さんの企業へ入っていきます。
このレベルから教える必要がある。

このレベルはまだ良い方です。

 

また、すでに各企業の中に

10から30%以上は、このような人が

存在しています。