究極の営業標準はこれ。但し、

 

①:お客様が話をした直後に

        以下の相づちを打つ

  「はい」「ぇえ」

  「そうです(よ)ね」

       「すごいじゃないですか」

 

②:①の言葉を出す時の声の

  ”大きさ””スピード””抑揚”の

        3変数の接触開始から

        終了までの微調整

 

③:①に合わせて

  ”上まぶたをあげる”

  ”下あごをさげる”

 

これだけです。

 

なぜ、これで

ハイパフォーマーになれるのか。

 

その理由は

行動分析の科学で証明できます。

 

専門知識や専門技術を持っている人

よりも確実に営業成績は良くなります。

 

しかし、

こんな行動を日々の行動習慣にできる人は、

100人中3人いるかいないか。

 

では、どうすれば

組織全員の行動習慣にできるのか。

そのキーワードは、

自尊心を上げる環境をつくることです。

 

 

ただし、これを数年続けると、

つまづきが発生することがある。

 

なぜか。

 

しんどいことや、辛いことから逃げて、

乗越える行動をしてこなかったことが

原因です。

 

最後は、つらいことやしんどいことを

乗越えた経験が、

人間性の向上につながる。

 

それが独自の魅力になる。

その魅力が、他には無い

独自の差別化要素になる。