練習してもできない場合は

練習してもできない場合は、
どのような時か。

できるようにする行動が、
複数の時です。

例えば、確認作業。
「はやく、正確にやる」
ことを求められる。

しかし、
”はやく”と”正確に”を
同時にやろうとしても、
できないことがある。

そこで、どうするか。

まず、”はやく”やる練習をする。
”はやく”できるようになったら、
次に、”正確に”やる練習をする。

一見、時間がかかりそうな印象を
持つかもしれません。

しかし、いつまでたっても
できるようにならない。
それよりは、良いです。