自制心や自己調整力を高めるには

【パターンA】
 ①ストレスが過剰になる。
 ②ストレスを誘発する刺激をその場で遮断。
 ③おとなしくなる(フリーズする)。

【パターンB】
 ①ストレスが過剰になる。
 ②恐怖を発生させる刺激(罰)が与えられる。
 ③おとなしくなる(フリーズする)。

【パターンC】
 ①ストレスが過剰になる。
 ②そのストレスを調整するための行動を探索する。
 ③おちつく(おちつきを取り戻す)。

【パターンD】
 ①ストレスが過剰になる。
 ②安全な環境で安心していられる状態に置かれる。
  ※過剰なストレスを誘発する刺激が取除かれる。
 ③おちつく(おちつきを取り戻す)。


どちらも結果は”静かな”状態になる。しかし、
過剰なストレスへの反応の仕方は異なる。

自制心(セルフコントロール力)、
自己調整力を高める。
これは大切な行動習慣です。

パターンABCDは、一見、いずれも
自制心・自己調整力を高めている
ようにみえる。

しかし、自制心・自己調整力を
を高める目的は、
覚醒した状態から冷静になり、
次の望ましい行動を行うこと。

この目的に適合するのは、
パターンCとDのみ。

 

”おとなしくなる”と”おちつく”は
一見同じ現象でも、その直後の行動が異なる。

 


では、どのようにして自制心を高めるのか。


まず、パターンDの【支援付き試行錯誤】。
次に、パターンCの【試行錯誤】。
この順番が大切。


①「〇〇をしなさい!」と言われると

 試行錯誤をする行動習慣は身に付かない。

 

②「〇〇をやってみたら?」だと

 行動は誘発され、パターンをおぼえていける。

 

③「〇〇、どう思う?」

 「〇〇の時、どうやろうか?」だけだと、

 試行錯誤をする行動パターンを獲得できない。

 

 

試行錯誤を行動習慣にしていくには、

②と③を組合わせていくと良い。

 

もちろん、やってみた直後には承認し、

その行動を増やすように導く必要がある。