人に自動思考の精度は極めて高い

人に害を与えるような
問題行動が習慣化されている人。

目に見える顔、人相を
目で見た直後に、嫌な気分になる。

人の自動化された認知/認識の
プロセスはよくできている。

 


問題行動が習慣化される。
その結果、
マインドが変容。
そのマインドが表情筋を動かす。
表情筋が
変容する。

その小さな表情筋を
人は自動的に観察して
次の行動を決めている。

  1. 目で見る
  2. 記憶と参照する、
  3. 行動の選択肢を出す
  4. 選択するための判断基準を引出す
  5. 判断する
  6. 次の行動をする


できる人たちの行動を
誰でも再現できる形式知にしている。
その過程で思うことがある。


できる人達が、
言葉にできることは、
微々たるものだと。

言葉の背後にある意図。

 

その意図を実現するために

自動的にとった行動は何かを、

過去の行動観察の蓄積か想定し、

検証していく。

人の自動化された言葉にできない

行動と思考の観察はおもしろい。