「どんなことがあってもやる」

「どんなことがあっても生き残る」
そのために、なんでもやる。

そのような人材の数を増やしたい。

しかし、それを推し進めると、
いくら従業員満足度を上げる
取り組みに投資しても、
いずれ不満が出る。離職する。

従業員の8割以上は、口では
賛同する。しかし、本音は異なる。

 


「どんなことがあってもやる」
「どんなことがあっても生き残る」

それを求めるのは幹部社員と
幹部候補のみに絞る。
そのためには、修羅場の経験をさせる。

具体的な方針は示すが、
具体的な行動のやり方は教えない。

 

この段階では、小さな失敗は流す。