今、必要としているモノから

「相手の先々のことを考えると、
 これをお勧めした方が良い」

自身の1年後の状態が
具体的にわかっていないのに。

どうして、相手の先々のことが
わかるのか。

わかる人もいる。しかし、
それは10人中1人いるか、いないか。


まずは、相手が必要としている
モノを、相手が求めている期限
までに提供する。

その過程で、相手と接触頻度を
増やしていくことで、相手が
求めているモノを理解していく。

その上で、相手の先々のことを
考えて、お勧めをする。


しかし、この行動を習慣にする
人は少ない。

なぜか。

負担感が増し、めんどくさいため。


「相手のことを考えて」

これは、自分軸の行動習慣。

この習慣を変えていくことで、
結果は継続して出せるようになる。