指示するよりも、結果が出るやり方

「〇〇しなさい」「〇〇してください」と
言われて素直に行動をする人は、10人中2人から3人。

残りの人達は

  • 「はい」と口にして、やらない。
  • 「はい」と口にして、忘れる。
  • 「目的はなんですか」と口にする。

 

では、どうすれば、やってもらう確率が上がるのか。

  • 「〇〇さんが、○○をしてくれると」
  • 「とても嬉しい(です)」もしくは
  • 「とても助かる(ります)」


同じ結果を求めているが、
相手の行動自発率は異なる。

些細な違いが、大きな結果の差異を生む。