教える内容が思いつかない

できる人、数字をつくり続けた人は、

自分が日々、どのような行動を

しているのかを知らない。

 

日々、繰返し行う内に、

意識しなくてもできるようになる。

そして、自動化される。

 

その結果、教える立場になった時に、

自動化されたやり方を、

意識下に置くことができない。


つまり、相手に何を教えたり、

伝えたら良いかわからない。

では、どうするか。

まずは「ざっとみる」「みればわかる」

「においでわかる」「空気でわかる」

に着目する。

 

そして、何をみて、

どのような情報を引出しているのかを

言語化・形式知化する。
すべては、ここから。