インシデントの発生確率は下げられる

インシデントが発生することが、
わかっている。

にも関わらず、言葉を発しない。
言葉を飲み込む。

なぜか。

お互いの人間関係が一時、悪くなるのを
回避するため。

「言うべきことは口にすべき」と
本社やヘッドクオーターの人が口にする。
これは綺麗事。

なぜか。

ローカル・各エリアでは、
職場の中に、血縁関係がある。

この血縁関係をこじらせることはしない。

この制約条件を踏まえたうえで、
行動変容を進めると、意外とうまく行く。