理不尽なことに耐えるマインドづくり

理不尽なことに耐えるマインドは
とても大事。

理不尽なことは、発生する。


厳しい環境に放り込むトレーニングをする。

人がやりたくないことを
させるトレーニングに放り込む。


その結果、その社員は辞める。

「厳しさに耐えた人間だけ、残れば良い」
 と考えたい。

しかし、今の事業環境では、
そのような人材は10人中1人いれば良い方。


人材育成のやり方を変えた方が良い。

当然、次世代リーダー・幹部と
それ以外の育成の仕方は変える必要がある。