仕事で時間を使う目的は

 

仕事で時間を使う目的は、
お客さんに喜んで頂き、もしくは、
お客さんが今必要としているものを
提供し、その対価、喜びの証として
現金を受け取るためにある。

その喜びの数を増やすために、
できない人をできる人にする。

仕事は相手のためにやるもの。

 

このことを知らずに仕事をしている

人の比率は、7割を越えている。

 

「私はお客さんに貢献したい」と

口にする人達も、時間外になった

時点で、お客さんは消える。

これは、相手のために仕事を

しているとは言えない。

 

しかし、相手のために仕事を

しろと言うつもりはない。

それぞれ、違っていて良い。

 

それぞれ、仕事を続ける

動機づけ条件は違う。

 

無理に統一することは、

できない時代になっているだけのこと。

 

それを分かったうえで、

組織をつくる必要がある。

 

その組織を運営するための

行動習慣を明らかにして

形成していくだけのこと。