上司は部下に接触するしかない

どうしても相性が合わない部下との
接触頻度は下がっていく。

接触頻度が下がっていくと、
お互いの関係はさらに悪くなる。

では、どうするか。

はじめは、接触するための
行動をパターン化して、
それを繰り返しやり続ける。

そのを続けているうちに、
お互いのことがわかってくる。

そこまで行くと、
相手のことが嫌いじゃなくなる。
苦手じゃなくなる。

そうすれば、人間としての
接触ができてくる。

 

前提に、組織の利益をつくるために、

相手にどうしても成長して欲しい。

相手にどうしても成長して欲しい。

そのエネルギーを注ぎ続ける。