最後は熱意とそれを支える愛情

結局、最後の最後は、熱意の量。

 

組織のため、

相手のため、

お客さんのために、

相手の行動を変え、

マインドを変えさせる。

 

再現できる仕組みは必要。

 

ただし、最後の最後の

一押しをするためには、

相手への熱意、愛情がいる。

 

自分の小さなプライドを満たすとか、

そんなくだらないものは必要ない。

 

目の前の相手に全力を投下する。

大事な家族と同じように。

 

下から支える。何があっても。

何を言われても。

 

すべての人にそれはできない。

 

ではどうするか。

 

リーダー候補にしぼる。

 

その熱意を体感した

リーダー候補が、下へ伝えていく。

 

時間には限りがある。

効率的に効果的に進める必要がある。