必要ではない時に、与えても受入れない

あたりまのことですが、以外と見落とす。

上司は部下のことを思い、
「〇〇の本、読むと良いよ」と言う。

部下は読むことはしない。
目を通すことはしても、観ていない。

その知識や技術が必要になる
場面に置く。行動して気づかせる。

行動させないと気づかない。

 

慣れない行動は、負担感がある。

経験をはじめやすくする環境を整える。

具体的には、まず第一歩目の具体的な

行動の仕方を視覚で理解できる状態に

する。30分~60分のトレーニングをする。

 

それから。

しかし、そもそも活字を読む
習慣がない部下は、その知識や技術を
吸収しようがない。

その場合は、最低限見ておいて欲しい
箇所だけを渡す。

1冊まるごと渡しても、
ページをめくることが負担。
吸収はしない。