相手が必要としているものを◎

相手が必要としているものを提供する。

サービスであれば”言い切る”ことが
できるレベルまで品質を上げる。

 

相手の目をみて、
「〇〇して頂ければ、〇〇の結果はでる」
と無理せずに口にできる。


相手は実は不安です。

自身が抱えている問題を解決する
具体的なやり方がみつかっていない。

みつかっていても、
それが本当に正解なのか。
それがわからず、不安です。

これができるのがプロの前提条件。