意図的にポジションな刺激を〇

ほめる、ねぎらう、共感する。

目的は、相手にやってほしい
行動を続けてもらうため。

「そんなレベルの低いことを
   
ほめることはできない」

と口にされる管理者がいる。

この人は人間として、素晴らしい。

しかし、管理者としては、、、。


人に動いてもらう。

そして数字をつくってもらう。

それを続けてもらう。

そのために、

「ほめられた」
「ねぎらってもらえた」
「わかってもらえた」

と相手が認知する刺激を発生させる。



やってはいけないことは、
すでに習慣になっている
相手の行動に対して
ほめる、ねぎらうこと。

その行動が過剰行動になってしまう。