頭の中の記憶に頼るから事故になる


ベテランは、何度も何度も同じ
ことを繰り返すうちに、
行動のパターンが自動化される。


「ざっとみればわかる」
「ぱっとみればわかる」
「聴けばわかる」


「次はこうなる(はず)」


先読みして行動ができるようになる。

しかし、この先読みが進むと、
イレギュラーが発生した場合も、
同じ行動をとってします。

その結果、事故が発生する。


では、どうすれば未然防止が
できるのか。

一連の行動のやり方を、
以下の4点を踏まえて具体化する。

① 立ち止まる
② 目で観る
③ 耳で聴く
④ 指でなぞる


あとは、ピンポイントに絞って、
訓練をする。

訓練しない場合は、
その行動を評価項目にいれる。


なぜ、ピンポイントに絞るのか。

一連の行動をみなくなるため。