型にはめる過程で、型を承認し続ける

 

型から出さない。

型から出ても機能しないから。

そういう人材もいる。

この手の人材は承認を求める。

型にはめる過程で、
できるようになった型の一部を
承認してあげる。

それがお互いのため。