否定語は使わない方が良い

「〇〇が違います」
「〇〇が間違っています」など。

確かに間違っているのは事実。

しかし、この言葉を言われると
感情を持つ人は、気分が悪くなる。

感情に左右されず、望ましい行動を
続けられる人は、訓練を受けた人か、
修羅場の経験数が多い人。そのような
人は、そうは言わない。


にも関わらず、否定語を口にする。
そのような人は、以外と多い。

もし、相手に、相手が望む状態に
はやく到達して欲しいと思っている
のであれば、否定語を使わずに、
相手の行動変容が誘発される刺激を
企画し、発生させる必要がある。

否定語を使う人や、難しく伝える人は、
おそらく、自分のことしか考えていない。
口では相手のためと言っていても、
実は、自分のことを最優先で考え、
行動をする習慣を持つ人の傾向がある。