対面での接触回数を増やしかつ

できない人を普通の人に。

普通の人をできる人に変えていく。

普通の人をできる人に変えていく。

この過程では、詰める頻度も増える。

詰める頻度が増えると、
目がうつろになったり、話している
最中に汗をかきはじめたりする。

この兆候がみえたら、詰める行動を
一旦とめる。

月に1回。ご飯をおごる。
話を聴き、ガスを抜く。この場では、
具体的に指示・注意・指導しない。

相手が話しやすい表情、相づちを
パターン化しておく。

これらを仕組み化しておく必要がある。