離職率を下げるために業務時間内に労をねぎらう

部活動の先輩に

①エビデンスのない
 理不尽な練習をさせられる。

②特に練習量が過剰な日の帰道に、
 缶ジュースをおごってくれる。

③理不尽な練習のことを忘れ、
 その先輩を良い人だと思う。

この①から③を繰り返して、
能力を上げてもらっていた。

人の行動原理に基づいた
理にかなったやり方。


エビデンスの無い理不尽な
トレーニングはNG。

しかし、労をねぎらう行動は必要。

業務時間外に飲み会の場で、
労をねぎらっても、効果はない。


空腹時・寒い時。

手渡しできる食べ物。

それを買ってきて渡す。

「〇〇さん、お疲れ様」
「〇〇さん、助かるよ」

などの言葉をそえる。

こんな些細な行動で、
離職率は減少する。


業務時間外は、自分の時間に
あてたい。そのような人材が
10人中7名以上。

このことは大前提。