リーダーには逃げ道を無くしてあげる

 

結局のところ、綺麗なことを口にしても、
自分のお金と休み、成長が動機づけ条件。
ここには”相手”は存在しない。

経営幹部は「会社の事、みんなの事を
考えるようになってもらいたい」という。

これは、いまのままでは叶わない。

ほんとうにリーダーになって欲しい、
次世代の経営幹部になって欲しい、
自社を支える役員になって欲しいと、
思える人がいる場合。

その人のために、

 

① 今までのやり方では解決できない

     恐怖感が発生する環境に投込む

     ❇︎恐怖感の発生頻度は

        一週間に1回から


②そこを越えてきた人には、

 自社への数百万の出資をさせる


必要がある。

なぜか。

結局、これができないと、
会社の金は、他人の金。

自分にとっては関係ない。

そのマインドが残るため。

 

逃げられない環境に系統的に

追込んでいく。

 

これが最大の愛情。