まず、はじめてみる、やってみる

そうすれば、気づくことは多い。

しかし、失敗を事前に想像し、
行動をはじめない。

では、どうするか。

はじめやすいように、
はじめるための具体的な一連の
行動の仕方を伝える。