否定語は使わないほうが良い

 

相手が、ムダなことを行う。

 

その直後に、

つい否定したくなる。

 

しかし、
否定して物事が好転することはない。
そのことは誰でも経験している。


にもかかわらず、否定する
行動習慣はとれない。

では、どうするか。

以下のようなチェック表を
手帳にはさみ、毎日1回は目を通す。

その積み重ねで、否定語は消えていく。

また、否定しないことで、
小さな可能性を潰さず
にすむこともある。