実力を白日の下にさらす

下駄をはかせる。

お膳立てをする。

社員に動いてもらうには、必要なこと。

しかし、その社員が実力を見誤り、
周囲へ害を及ぼすようになった時には、
下駄をとる、お膳をとることが必要になる。

そうすれば、相手は自分ができないことを
自覚するようになる。

一方で一時、業績が下がることを覚悟して
この手を打つ必要がある。