○○行動が習慣化できたら○○円

 

「○○の行動が習慣になったら、
 ○○円、加給します」

「○○の行動が習慣になると、
 ○○の○○に貢献できます」



「○○が習慣になったら」

この○○は、
相手が理解できる【言葉】と
許容できる【分量】で形式知化
する必要がある。

そうしないと、相手は
行動をはじめない。

「適切な分量のインプットは、
 与えられるのがあたりまえ」

「やってあげるんだから、
 承認するのがあたりまえ」

「責任を言われると、
 混乱し、フリーズします」

これは制約条件です。



「○○円、加給します」

今、自分がどこまで成長できて
いるか。

それがわからないと不安になる。

「成長したれいるから
 給与は増やしてください」

「時間外の割増賃金ではなくて」

「時間外は自分の時間に使います」

これも制約条件です。


「○○の○○に貢献できます」

「誰かのためにならないと、
 それを言葉で言われないと、
 仕事をする気になれません」

これも制約条件です。



これらの制約条件を取り除くには、
人を採用しないこと。

それはできない。

したがって、この制約条件の中で、
動いてもらう仕組みをつくる
必要がある。