人に伝える時に注意した方が良いこと

 

「目的は○○○」と2回は伝える。

 できれば
「そもそもの背景は○○」
 と伝えられるとなお良い。

「なぜ、〇〇をするのか」
「〇〇のためです」と
 それを今する理由を伝える。

 いずれも、
 相手が使う言葉で

    相手が理解できる言葉で伝える。



「○○と思う」「○○かな」
 は使わない。


「○○は難しい」を使う場合は、
 その直後に
「具体的に○○から始めてください」
 とそえる。
 相手が受け身でも、すぐに行動を
 はじめられるように。


両脚重心、肩幅と脚幅は同じにする。

手は組まない。

黒目を上にあげない。

一度に、あれもこれも伝えようとしない。
一度に伝えるのは、あれかこれに絞る。

難易度はあがるが、
伝えるテーマに則し、
相手が驚くような自己開示が
できるとさらによい。

検討テーマは統一する。

テキストは1ページ目から順番に。