相手がすべて

 

相手が

・口にする言葉

・好む色、物・質感

・一度に処理できる情報量


相手の

・過去の強化履歴

・動機づけ条件

・現在の行動習慣


これらを観察した上で、

相手とのタッチポイントを

デザインする。


目的は、相手に望む行動を

誘発し、はじめてもらい、

続けて頂くため。