相手に気持ち良く話をしてもらう

 

※相手に気持ちよく話しをしてもらう
 目的は、相手が望む状態に近づく
 商品購入の背中を押すため。

以下の①から⑧を25分から30分実施する。


①:質問を投げかける際には必ず

     「〇〇さん」を質問の直前に添える

②:相手が言葉を発した直後には基本は、
  「はい」の相槌を打つ。

③:質問のパターン:
  ※相手に売りたい商品に関わる
   質問を5つ程度。例えば
  「最近、はまっているものとか
    あったりしますか?例えば、
    〇〇とか〇〇とか〇〇とか?」

④:相手が言葉を発した直後に
  ”まぶたを上にあげて”
  「そうなんですね!」
  「そうですね(よね)」の
  いずれかの言葉を添える

⑤:その直後に「具体的にもっと
  教えてください」を投げかける

⑥:相手がお金を貯める・貯めたい話を

        した直後に「それ大事ですねよ!」
  「それ、やった方が良いですよね!」

        のいずれからの言葉を添える
 
⑦:相手がお金に関する悩みを言葉にした

        直後に「〇〇さんだけじゃないです」
  「皆、同じ悩み持ってるんですよ」
  「口にしないだけです」
  「〇〇の仕事をしているとみんな、
   同じことを話されます」

⑧:①から⑦を20分から25分行った直後に
  「〇〇さん、ちなみになんですが」で
  相手が必要とする商品説明を
  ツールを使いながらはじめる。

※上記の言葉は躊躇せずに口にしてみる
 ことが大事です。躊躇せずに。