お客さんのために次を提案する

お客さんの行動習慣を観察する。

そして、すり合わせる。

そして、どうすればお客さんが
望む状態に最短で到達できるか。

かつ、現場で働く人たちの
負担感をギリギリまで下げるには。

この2点を徹底的に短時間で考え抜き、
行動しながら解をつくり提供する。