商品PRができない

お客さんが、注文をするまで待つ。

これが組織の行動習慣になっている。


「商品をPRしなさい」と伝える。

素直に商品のPRをしに行く。

具体的には、商品の説明資料を
持って行き、渡してくる。

相手が「今、忙しい」と言えば、
それで、PRは終了。


商品PRツールを使って、
相手から商売につながる宿題を
引出す一連の具体的な行動の
やり方を知らない。

具体的なやり方を知ることで、
数字は確実に増えていく。