疑わない。責めない

疑ったところで、責めたところで、
相手の数字をつくる行動の数は増えない。

確実に減る。増える行動は、
組織にとって望ましくない行動。

疑う。責める。
それをするなら、就業規則に具体的な
行動レベルで書いておく。

それを管理職が理解しておく。

そうすることが、最低限必要。

それでも事件は起こる。