気づいてもらうには

 

「ぜんぜん、気づかない」

 

このような言葉をクライアント先で、

高頻度で耳にする。

 

では、どうすれば、相手は

気づくようになるのか。

 

体験がはじめやすくする

ハードルを下げる。

 

体験の場でどう行動したらよいかを

具体的な話し言葉と書き言葉で伝える。

 

やった直後に、

できた行動を具体的に伝える。

 

より良くなるための改善点を伝える。

 

この順番が大事です。