問題の特定は具体的な行動で

 

□ ノウハウが共有されていない

□ 組織的な動きができていない


このような分析結果を
クライアント先で
目にすることがある。


分析のインプットは、
①2次情報と②ヒアリング。


①と②は大枠を掴み、問題の仮説を
構築する際には必要。

しかし、これでは、
具体的な行動レベルの問題は特定
できない。

具体的な行動レベルの問題を
特定していかないと、問題は
解決できない。


行動観察はやった方が良いです。