社会人が集中力を上げるには

 

過去に何かをやり切った経験が
ある人は、集中力がある。

集中力を上げていくには、

① 集中できる時間を長くする

② 集中する強度や鋭度を上げていく

③ 集中を支える体力を付けていく

過去にやったことがないことを、

過去に事例がないことを、

乗越えていくときに集中力が

必要になる。


働き方にフォーカスが当たるまでは、
社会人1年目、2年目に、①から③を
理不尽も含め鍛える環境があった。
しかし、現状の事業環境においては、
過去のやり方が難しくなっている。

当然、人材育成がOJTに頼れなくなる。
体系立てたOJTをできる人は、いない。

体系立てたOJTの仕組みをつくる。
その基本は、教える人が、まず、
自身が日々とる基本的な行動を
具体的な言葉で伝えること。

この一歩は、負担感が増すが、
40営業日も経過すると負担感は
低下していく。