目的は?そもそもの背景は?


この2つの問いかけと、
その問いへの返答ができていない
場面に遭遇する。

曖昧な指示や依頼を受けた人が、
「はい、わかりました」で終わる。

その結果、
指示をした人、依頼をした人が、
求めているものとは、ズレたものを
提供してします。

信頼をなくす。お互いにムダが発生。


「○○さんが話された〇〇(要望)
 ですが、〇〇(要約)ということ
 ですね」※この言葉を口にする際に、
 躊躇する場合は、
「間違っているかもしれませんが」
 を前に付ける

「○○さんが話された〇〇(要望)
 ですが、それが発生したのは、
 どんな状況とか場面でしたか?」

のような質問をしていく。

このような行動パターンを知らない
だけのこと。

決して、能力やセンスではない。

行動パターンを知らないだけ。

行動パターンを知り、それを
意識しなくてもできるようにし、
自動化できるところまで繰返し
トレーニングをする。