「できるまで帰るな」




「できるまで帰るな」

この言葉を口にできる環境だからこそ、
試行錯誤をすることができた。

結果として、多くの行動パターンを
獲得することができた。

しかし「できるまで帰るな」を口に
できない環境において、試行錯誤し、
多くのパターンを獲得することは、
できない。

では、どうするか。


「基本ができていない」

「そんなことはあたりまえ」

「そんなことは言わなくても
 わかっているはず」

「何度も言っている。
 わかっているはず。
 伝わっているはず」

「本気で相手のことを
 考えて、気持ちを込めている」

このレベルの行動を、
お互いの解釈がズレないレベルまで
具体化する必要がある。

できない根本の原因は、
必要な行動パターンを今まで、
身に付けていないだけの事。

気持が伝わるのは、
同じような経験を、
同じような回数経験し、
同じような知識量の人同士。

経験が異なる。
知識レベルも異なる。
その関係では、気持ちは
伝わっていない。