正しいと言ってもらいたい

人に相談をする。

よく話を聴いていると、
相手は具体的な解決策、
行動の仕方を口にする。

但し、その話には、
文脈がなく、具体的な
解決策が、散らばっている。

それをつなげて、
「〇〇さんの考えは、
 〇〇ですよね」

「それ、素晴らしいですね」

と伝えるだけで、
相手は目の間の問題を解決する。
こともある。

解決策は考えている。

しかし、どの解決策が正しいか。

それに自信がない。

専門家に「正しい」と言って
もらえればそれでよい。

専門家がいくら素晴らしい解決策
を考えて、提案しても、それは
余計なお世話。ムダ。

 

提案は相手を否定することになる。

否定は相手の行動の数を減らす。

行動するのは相手。

相手が行動しやすい環境を
整えるのも、専門家の役割の1つ。

何が正しいか。

結果が出ていて、それが安全で
あれば、その一連のやり方は
正しい。

この結果、もしくは成果。
この結果、成果が定義できていない
人や組織は、
想定以上に存在している。