何かにつけて文句を言う人は

何かにつけて文句を言う人。

その人達の行動を観察していると
共通することがある。

同じことを日々、真面目に繰返し、
それ以外のことは手をつけない。

決められたルーティンをこなす。


その結果、振り返る習慣が不足。

振り返る習慣が不足するため、
考えることも不足。

つまり、
何かにつけて文句を言う人は、
目の前の問題を解決するために
どうすれば良いかを考えることは
できない。

その代わり、人が考えて問題解決
のやり方を否定する。文句を言う。

彼ら彼女達は、
このような行動習慣を取ることを
知っていればよい。

問題解決のやり方に文句を言っても、
流しておけばよい。

いずれ、彼ら彼女達は、
そのやり方を自分が考えた
かのようにやっている。

それで良い。