人に伝える時は感情は置く


ポジティブな感情は、
どんどん相手に伝えた方が良い。

しかし、それができる人は、
いがいと少ない。

感情を伝える多くの場合、
ネガティブなものになる。

これは、誰も幸せにしない。

誰の行動も増えていかない。

目にみえないムダ。

事実をみるのも人。

人には感情がある。

したがって、事実も歪む。

それでも、歪まないように
事実を目で観る、耳で聴く。
手で触る。

それを伝える。

そこにマウンティング目的が
入ることが組織内ではある。

生産性向上のために
様々なデジタル仕組みを入れる
前にやるべきことがある。

それをやっておかないと、
いくら優れた仕組みを入れても
機能はしない。

なぜか。

仕組みを使うのは
感情を持つ人のため。