「学び・気づきがあった」で終わる

 

研修を受ける。

「学びがあった」

「気づきがあった」

で終わる人が9割以上。

学びがあっても、
気づきがあっても、
行動は変わらない。

研修への投資はムダに終わる。

学びや気づきは抽象度が高い。

抽象度の高いものを、
日々の小さな具体的な行動に
落とし込むことができる人は、
ほぼいない。


「わかった」

「理解できた」

これも同様。

伝え手の理解と、
受け手の理解は異なる。

そもそもの経験や背景知識が
異なるため。

わかった、理解できたと
口にする人は、
わかっていない、
理解できていないことが多い。